名刺印刷を外注から内製化

初対面などビジネスシーンに登場する名刺です。名刺とは、自分の名前や会社などの情報を分かりやすく正確に伝える為の道具です。口頭では伝えたことが正確伝わらなかったり忘れてしまったりします。相手に覚えてもらう第一歩となる重要な役割をもっています。名刺には種類があり、日本で標準とされているサイズは91×55㎜ですが、海外などで使用されるサイズは89×51㎜とサイズが違い外国人と交流が多い場合などはサイズに気を付けた方がいいです。名刺印刷を一般的な業者に発注すると手数料を含めて1枚当たり約55円ほどかかってしまいます。これだけかかりますが、部署の異動や役職の変更等で名刺を変更する場合在庫の名刺は全て破棄になってしまいます。これが1人では大した金額ではないですが、これが社員が多い会社なら多額の無駄なコストが発生してしまいます。これを内製すると用紙にもよりますが1枚当たり約7円ほどで作れます。コストダウンで一度見直しをする必要があります。

名刺印刷は非常に重要なものなんです。

名刺印刷は非常に重要なものなんです。以外に名刺を重要と考えていない人が多いと思うんです。しかし、実際に営業などに行って最初に出すのが、名刺なのです。そういう意味では本当にしっかりとした考えで決めることが重要になってくるのです。まずは、デザインです。ここは非常に重要になるのです。もちろんプロに任せることで、かなりのデザインの中から選ぶことができるのです。デザインが決まれば、あとは自分の名前をどういうふうに配置するのか、縦なのか横なのか、そういう部分も決めていくのです。そうしてやっていって、最終的にはアピールできるポイントがないかどうかを考えて決めていくのです。そういうことを十分に考えて決めることが重要なのです。そこまで決まれば、あとはきれいな印刷をしてもらえばいいのです。それが非常に重要なことです。

名刺印刷外注について

最近は中小企業でも名刺の印刷を外注する会社がとても増えています。名詞の重要性から、そのデザインや紙の質、また名刺印刷に至るまで全て外注する傾向にあるのです。中でも、クラウド型の名刺作成を依頼する会社が増えてきています。一社のクラウドサービスにデザインやその料金などの提案をさせるのではなく、数社から提案をさせることで会社は一番良いと感じる名刺のデザインなどをじっくり選ぶことができるのです。しかも、クラウドサービスを利用すればほとんど提案に関する料金はかからないので、手軽に依頼することができます。名刺印刷までも行ってくれることで、会社側が行うことはほとんどなく、一度デザインなどを決めてしまえば後は枚数を決めて発注するだけで郵送などにより名刺が届くというスタイルになっています。これから導入される会社はしっかり検討してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *